「プリンセスメゾン」池辺葵

大人になってから新しい漫画を読むということをあまりしていなかったけれど、去年Twitterで知った「プリンセスメゾン」という漫画は気になって買い揃えました。あの時、読むことを決めた自分の直感は最高に正しかった。

東京で一人暮らしをする女性・沼越 幸26歳(通称:沼ちゃん)がマンションを購入するお話。マンションとか持ち家とか、実際のところあまり興味はなくて、人生何があるかわからないし、とりあえず賃貸でいるほうが気楽なんじゃないかなーと思っているタイプなので、マンション購入の話題には縁遠いところにいるのですが、それでもかなり響く漫画でした。主要登場人物がみんな柔らかい雰囲気で、傲慢だったり自分の意見を押し付けてきたりするような見ているだけで疲れるタイプが出てきません。それがこんなにも読み手を救うなんて、と穏やかさに泣けてきます。

沼ちゃん(居酒屋社員・独身)と不動産社員の伊達さん、その下で働く派遣社員の要さんと阿久津さんが主要登場人物。
仕事に励み、質素な生活を送りながらマンション購入資金を貯め、理想のマンションを探す沼ちゃんとそのお手伝いをする人々。その暖かくて思いやりがあるやりとりに、ものすごく元気と優しさをもらえます。特に沼ちゃんの確固たる意志と凛とした生き様は本当に見習うところばかり。

五巻の好きなシーンは、要さんがお見合いした相手に沼ちゃんのことを話すところ。

「孤独が心をむしばむことなんてないんだって、
彼女が教えてくれたんです。」

一人暮らしをしていると孤独を感じることは誰しもが経験することで、やっかいなことに孤独をこじらせてしまうと食い殺されてしまうんじゃないかなという闇が迫ってきてしまうけれど、孤独自体がそうさせているんじゃないんだなと考えさせられました。孤独というより、雑念や嫉妬などまとわりついてくる色んな気持ちが厄介なんです。
孤独は淋しさを生むかもしれないけれど、孤独がその人を汚すわけではないということ。孤独の定義は人それぞれだし、一人で生きていける強さがあればどこへだって行ける。そしていつか二人になった時の喜びが倍増するんじゃないかなって。沼ちゃんを見ていたらそんなふうに思います。だって沼ちゃん絶対幸せになれそうだから。

あとマンションを買うまでの物語ではなく、購入した後の沼ちゃんの変わった生活、変わらない本質との葛藤みたいなところに、この物語の奥深さを感じます。
家を買うことがゴールなのではなく、「家は家でしかないし」と言い切れてしまう沼ちゃんの冷静さ。そう言いながらやっと手に入れた自分の家をものすごく楽しそうに掃除するところがかわいい。

それから、この漫画には「すごいと思われたい」という人たちが登場しません。逃げ恥やカルテットなどで注目されたような目立たず慎ましやかに自分の生活を送る人々の物語。自分を大きく見せる人たちがいないことの妙な清潔さ。自分の正しさを押し付けたり、恣意的に人を傷つけるようなことをしない人たちの空気に、どうしたって癒やされてしまうのです。

「プリンセスメゾン」は今まで読んだどの漫画よりも文字数が少ないと感じます。人物も背景もシンプルだし、伊達さんの眼鏡の奥はいつも真っ白で、要さんにいたっては目しかないページもある。眉毛も鼻も口も描かれていないのに、その時の感情がものすごく伝わるという絵力。
行間や余白を楽しむという新しい楽しみ方が出来ました。
漫画読んで泣くなんて久々でびっくり。いいものです、本当に。

一人暮らしの女性に読んで欲しい漫画です。今住んでいる部屋がきっと好きになるし、どんな家が自分にとって理想なのか考えるのも楽しくなります。そっとしまいこんで忘れていた気持ちを思い出すことが出来て、読み終わるとすごく優しくなれる。自分が何を求めるか、描いた幸せを具現化出来るか、生きていく上で必要な正しさがたくさん詰まっています。

もうこんなに優しい人ばかりの世界じゃないのかもしれないけれど、それでも夢を見ることを諦めず上を目指していかなきゃ何も変わらないんだなと、今日も沼ちゃんに諭されました。
自分が居心地よく暮らしている人が一番強い。
次の六巻が出るまでに、私も何か変わっていたいと思います。

 

プリンセスメゾン(5) (ビッグコミックス)

アロマオイルブレンド記録

絶大な信頼を寄せているセラピストさんのサロンで受けるアロマトリートメントは、まず最初に整列したアロマオイルのボトルを直感で3つ選ぶというもの。
選んだアロマオイルの香りを確かめながら、今の自分に合うかどうか、好きか苦手かも含めてカウンセリングを受けながら決めていきます。
何回目かに訪れた時に、我ながらミラクルチョイスをしたことがあります。

・ベルガモット
・サイプレス
・バジル

直感でこの3つを選びました。
ベルガモットはもともと好きな香りだったのですが、バジルやサイプレスは初めての香り。
ボトルから直接香りを確認した時はふたつともわりと青さを感じたけれど、相性も良いとのことだったのでそのままお願いすることにしました。
サイプレスはひのき、バジルはよく食べているあのバジルです。
トリートメントが始まってブレンドしたアロマオイルの香りがしてきた瞬間、「なにこの好きな香りは…!」と驚きました。
ベルガモットのさわやかな柑橘系の香りにプラスされたのはバジルのほろ苦さとサイプレスの清涼感。すっきりとさわやかなのにどこかほんのり甘くて、そして温かみのある香り。
あまりにも感動したので、家でも同じ香りを再現したい!と同じオイルを買ってしまいました。

もともとフローラルやバニラなどの甘い香りより、すっきりとした瓜系の香りが好きだったので、バジルやサイプレスとの相性は最高。
それだけだと男性っぽくなるので、ベルガモットがいい具合にやわらげてくれるのです。
部屋ではお湯に垂らしたり、ストーンやアロマウッドなんかに染み込ませて香らせています。

頭をすっきりとさせてくれて、爽やかさと温もりを感じられるブレンド。
香りで心が丸くなるから不思議。
春一歩手前のそわそわしがちな今の時期にぴったりな香りです。

【uka】カラーベースコート ゼロ 3/0

ネイルはとにかく薄く仕上げるのが好きです。
最近は塗っているのかもわからないくらいのナチュラルブームで、素爪でもいいかなと思うけれど、本当に何も塗らないと手が急激に老けて見えるのでもっぱらukaのカラーベースコート。色は3/0 グレイッシュパープル。

一度塗りでベースコート、四度塗りでポリッシュのような発色にという美容液成分入りのカラーベースコート。
ピンクとゴールドの細かいパールが入っているので一度塗りでもきれいなツヤが出ます。グレイッシュパープルという色の名前から良い予感しかしないゼロブンノサン、爪の表面温度がほんの少しだけ下がるような発色。
写真を加工する時の彩度を下げるようなイメージで、色素薄い系の爪に。

ムラになりにくく、乾きも早いので一度塗りなら寝る前も大丈夫なのも便利です。うっかりシーツの跡が…なんてこともありません。
写真は二度塗りしたときのもの。控えめなツヤで、指をきれいに見せてくれる!

何も塗らなくてこの状態の爪だったらいいのになと思うほどの透明感と、あざとさゼロのナチュラルなツヤ。
このシリーズはどの色も優しい色味で、爪への負担が少ない成分なので、女の子へのプレゼントにも良さそう。
ビジュアルもシンプルでかわいいし、ホワイトデーのお返しなんかにも素敵なんじゃないかな〜と勝手におすすめしてみます。

 

[uka]ウカ color base coat zero カラーベースコート ゼロ

【ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男】

やっと見に行けた映画、「ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男」
エンドロールが流れた瞬間、「もうおしまい!?もっと見ていたい!!」と思ってしまったほど、あっという間に過ぎてしまいました。
「とりつかれている」と語るほどのストイックさに、だからこんなにも魅力的な独自の世界が感じられるのだと納得。美を突き詰めることだけではなく、スタッフへの優しさやチャーミングな振る舞い、インドに自ら作った刺繍工場で働く人々へ抱く責任感、愛犬との触れ合い、パートナーとの時間。あらゆることに全力投球しているという姿を見ることが出来るので、ものすごく贅沢なドキュメンタリー。たくさんのお花が咲き誇る広いお庭や、映画のセットのような素晴らしい家も見ものです。
「病的な完璧主義者」と自ら認め、過去のコレクションを振り返りながら酷評している一面も。今に満足することなく、常に上を上を目指しているという姿が本当に素敵でした。

ドリス・ヴァン・ノッテンというブランドは“アントワープの6人”としてざっくりとは知っていたけれど、いわゆるエレガントなイメージを持っていたような気がします。それが「着たい!!」と本気で思った2009年の春夏コレクション。

今見ても間違いなく好きですね…
このシーズン以降、コレクションの発表を心待ちにするブランドに仲間入り。

毎シーズン何かしら好きなんですけど、特にこれは!をピックアップしてみました。
2010年の秋冬。これは記憶に残っている人も多いのではと思います。

この上品で柔らかなオリーブ!当時ものすごく新鮮で感激したのを覚えています。
そしてカート・コバーンサングラスとチェックにやられた2013年の春夏。

普段チェックとか着ないのにこの素材感と絶妙な色味にやられて欲しい〜〜となっていました。白フレームのサングラスも冷静に考えたら絶対に似合わないはずなのに、ちょっと欲しい…かも…とか言っていたような。かっこいいし適度に力が抜けていて好きな世界観。

最後にここ数年の全てのコレクションの中で一番心打たれた2017年春夏。

右から二つ目のルックとか完成したとき痺れたんだろうな…と勝手に想像してしまうくらいの絶妙過ぎるコーディネート。メッシュとかチュールとか刺繍とかニットとかスカートとか、そして腕のまくりかたも靴の色合わせも。
このシーズンは動画を何度も見てしまうほど。ルックだけではなく、音楽やオブジェといった雰囲気も完璧にデザインされていて、エキゾチックなコレクション。
花が凍っているのも、それが溶けてランウェイに滲み出ているのもたまらないです。氷ごしに見せるターコイズとか本当にもう好きすぎて溜息。

店頭には何度も見に行って色々試着はしたのですが残念ながら買えなかったので、何年後かでも古着で見つけたら買いたい。ドリスのテキスタイルには色褪せない魅力があるので、そんな風に考えられます。

それから日本人のフラワーアーティスト 東 信さんが手がけた花を閉じ込めた氷の柱が並ぶランウェイ。
こういうダークな世界に映える最高のオブジェ。好きとしか言えません。
あと誰にも共感を得られなかったのですが、インスタで公開されていた氷が溶ける様子、これ泣きそうになります。
氷の角がなくなり、お花の彩度がどんどん失われていって、くったりと倒れ込み、床に同化していく。そして水分が蒸発していくときがものすごく悲しい。(この感情を誰もわかってくれないのも悲しい)

 

人の心をたえず動かすには誠実さと情熱が不可欠。そんなことを改めて勉強させられました。
好きになるにはれっきとした理由がある。
ドリス・ヴァン・ノッテン、めちゃくちゃかっこよかったです。