綴る

ブログというサービスは日記の延長であり、誰かに見せるためではなく自分の記録のためこっそりしたためるものだったの...

令和

あらゆる情報に惑わされることなく 確固たる自分の存在意義を持ち それなりに強く生きていけたらと思う 誰とも比擬...

翻る

そういえば去年の今は面接が終わった頃だったとふと思い出して、冷めたコーヒーを飲み干した。 土曜に病院へ行こうと...

揺らぎ

ちょうど一年前、私は大きな転機を迎えていた頃だったので否応なしに色々と思い出してしまう。 すべてを手放す決意を...