03_J&M DAVIDSON 一択

お財布の話です。
毎日何度も手にするものだし、入れるものがお金だったりするのであまり妥協は出来ないアイテム。だからといってブランドであればいいってものでもないし、プチプラで気に入っていたとしてもすぐへたってしまったりなど、何を選ぶかも含めバランスが求められるもの。それにお金は流通しているものだからこそ丁寧に扱いたい。あとお財布見るとなんとなくその人自身が映し出されてしまうような、部屋と似たような感覚で、領収書でパンパンだったりとかカードの量感、朝いくらお財布に入っている状態で家を出たか等々、ちゃんと管理している人はしているし、しなくても問題ない人もいる。人それぞれのお財布事情。

初めて長財布を使った時の便利さに驚いて以来、ずっと長財布派を貫いています。
一番長く使っていたのはChloeのMARCIE、ブルーグレーのような色を確か5年以上は使っていました。そのあと一度買い換えたけれどあまり馴染まず、去年探して見つけたのがこのJ&M DAVIDSONでした。
見た瞬間から「いやもう絶対私これ」という直感で、比較するものなしという状態で購入。
上の写真が購入したばかりくらいのもので、下は最近の状態です。

けっこう雑に扱ってしまうけれどあまり傷などは目立ちません。収納力も抜群で何の問題もなし。他の長財布と比べて縦の長さがあるので、通帳をいれてもストレスなく開閉出来ます。満足度があまりにも高いと、他のお財布が目に入らなくなるんですね、これは初めてのことでした。素敵なものを見てもいいな〜とは思うけれど実際に欲しいなとまでならない。次買うんだったら〜みたいな妄想もなし。「え?次もDAVIDSON買いますけど?」と心から思ってます。完全にLOEWEのキーケースと同じ状態。

J&M DAVIDSONデビューは実はこっち。スモールジップパースです。
クロコの型押しでこの色、一目惚れ。とはいえ長財布以外の選択肢はなかったし、そもそも長財布でクロコって所持金1000円とか許されないだろうという気持ちで年収がいくら上がったとしても自分には似合わないだろうと思うのですが、この手のひらサイズなら!!許されるだろう!!(誰に?)と思ってこちらは迷いに迷って購入。

クラッチバッグの時とか便利なサイズだし、身軽に出かけたいときは入れ替えて使っています。本当に必要なカード数枚とお札くらいで事足りる。
とにかく色が好きすぎる。細かいこというと、ファスナーの色まで良すぎる。内側とのバランスも最高。毎日使わないからこそ、いまだに使うたびテンション上がるアイテムです。

J&M DAVIDSONの好きなところ、箱の高級感。ロゴ入りの薄紙。もはや薄くない。開けた時の高揚感がダントツです。いいもの買ったわ〜と商品たどり着く前に一回満たされます。そういうの大事ですよね。

自分にがっつりハマるものを見つけると余計な物欲も跳ね返せるようになります。
この二つの最強アイテムがあるので、どんな素敵なお財布の誘惑にも負けません。
迷う隙さえ与えない私のJ&M DAVIDSONのお財布たち。

 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です