Madewell Loafers

パイソンが好きです。とにかく靴に目がありません。
最近よく履いているのはMadewellのローファー、一目見た瞬間にこれは私が買わないでどうするという気持ちがとどまらず、試着せずに靴を買うのはかなりの冒険であることは間違いないけれどこの見た目とこの値段ならとカートへ。

どうですか、強そうでしょう。
パイソンでもこだわりがいくつかあって、まずは絶対白ベースであること。ベージュとかブラウン系だと肌の色と相性が悪すぎて、「私の足はツチノコだったのかな?」と思ってしまうくらい黄色っぽくくすんでしまい大惨事になります。あとはコントラストが強めで柄が程良くくっきりしていること。これはくっきり具合がほどよく分散しているのが子供っぽくならないポイント。甲が白っぽく抜けているのがナイスなんです。それからいわゆるプリントのものだったりするとゆるすぎて古ぼけたレースのような雰囲気に見えてしまうので注意。パンチ強いほうが絶対にかっこいいです。

そして肝心の履き心地ですが、足を入れた瞬間に驚きました。
甲が深いものは爪先にひっかけて歩くからいいか、と実はあんまり履き心地にまで期待していなかったローファー。踵全体をフワッと全方向から押し上げてくれて、まるで低反発の枕に頭を沈めたような感覚でした。踵が丸い〜!と思わず叫びたくなるくらい。踵が小さめで抜けがちなので、全方位から踵にフィットすることってあんまりないからびっくりした。同じタイプのものを追加で購入しようと思ったらマイサイズ完売だったので諦めたけど、本当にそれくらい抜群に心地良いです。白、欲しかったのにな〜。

パイソンが好きだからといってパイソンの服も着るかと言われると、いいなあと思っても手は出せません。多分、顔とのバランス、完全に蛇に食われてしまう。そんなわけで一番遠い、靴くらいの距離にいてくれるのがちょうどいいんだと思います。

あと何がいいって手持ちの服との相性が最強にいいこと。黒とかネイビーのトップスにデニムとかグレーのスキニーが多いので、白っぽいパイソンは足元を明るくしてくれる。タイツとか合わせるより素足で履くほうが力が抜けて見えて、何気ない普段着っぽくて好き。

あと何年もパイソンの靴ばかり履いていたら、いつのまにか私のトレードマークになったりするかな、なんて思いながら今日もパイソンを履いてパイソンを探す、根っからのパイソンシューズハンターです。

Madewell The Frances Loafers

 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です