02_我々はエンボスの手触りに虜

ストレスが散財に向かうタイプのみなさん、私もです。
数多くの痛い失敗も経験したので、さすがに見つけた勢いで買うということはなくなりましたが、いいな欲しいなと目をつけてどうしようかな〜と悩み続けていると、突然やっぱり違うかもとか今じゃないなと縁が切れるものが多くある中で、生き残るのは絶対的に欲しいもの。

そんなわけで悶々と悩み倒して数ヶ月、キーケースを探していたタイミングでもあり、むしろ買わない理由をむりやり探しているようなときにストレスマックスに達したので糸が切れたように購入。まさに「買ったれマジで」という誰にも止められない勢いでカートにイン、迷わず決済、完。
とはいえ買うべきだろうという確信もかなりあったので届いて開けた瞬間のガッツポーズ。店頭でも実物を何度も見てるくせにね、自分のものとして自分の手の上で見るとこれまた違った良さもある。パァ〜っと何かが弾け飛んで、完全にホームラン打った感覚。1年以上使っている今もまだ余韻に浸れてます。毎日溺愛中。

LOEWEの神々しいエンボス加工、小さめのサイズが強さを中和してくれるようで本当にちょうどよくしっくり。
使い込むにつれてどんどん良くなる手触り。凹凸とレザーの相性の良さ。もし万が一なくしたとしたら、私は同じキーケースを買います。もうこれは絶対と言ってもいい。迷う余地なし。

指先に触れただけでキーケースだとわかる手触り、バッグの中をごそごそかき回したりなんかもする必要ありません。黒の小物ばかりの中にこのキーケースがあるだけで変化がついて、他の黒と黒をつなげて持ち物全体をまとめてくれる役割もしてくれます。同じ質感ばかり続いても退屈だし、つながりが良くない黒もあるけれど、このキーケースがあるだけで一体感が出ます。そしてちょっとした色気もある、不思議なアイテム。

このシリーズを愛用している人とはだいたい通じ合えると勝手に思ってるほど、ブレない何かが秘められている気がします。
指先に馴染んでしまったらもう抜け出せない、麗しいエンボスの沼へようこそ。

 

6 Keys Keyring black

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です