米津玄師 – Flamingo

遅ればせながら紅白で米津玄師という人を初めて知って、ものすごく繊細で才能の塊みたいな人だなと思ってちょっと調べていたら想像以上で驚いたのも束の間、妙に遠い昔にどこかで見たことがあるような感覚で、でも誰だったのかなと頭を悩ませること数日、「魚喃キリコの漫画だ!」と。

魚喃キリコにがっつり浸ったことのある人は見覚えがある感覚になるでしょう、これは。
絵もストーリーも大好きで、あまりにも好きすぎてうかつに漫画について語れないほどで、それくらい自分の一部だった魚喃キリコの漫画。登場人物のバランスがとにかく魅力的で、色気のある指と手の大きさ、後頭部の曲線が特に好きなんだけど、完コピなる人間がついに現れたなという。
Flamingoは手の美しさが特に際立って、まさに二次元から飛び出てきたような男の子。
最高に凄みのある手をしていて見惚れてしまう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です