【DUENDE】トレ テーブル

何もない空間の贅沢を出来るだけ味わいたいので、家具は本当に最小限しかありません。
引越して最初に買ったのはサイドテーブル、CIBONEで見かけて一目惚れしたDUENDEのトレテーブルです。お値段を見て更に心惹かれ、一度帰って考えましたがどう考えてもうちの部屋に合うだろうということで購入しました。

どこが好きってこの天板の薄さ。
そしてこの斬新な構造とシャープな天板のバランス。
長さの異なる三本の脚が一つのジョイントで固定されています。

アシンメトリーな足元も飽きちゃうかなという心配もありましたが一年使っても結果全くそんなことありません。
見る方向からによって印象も変わるせいで、なんだか部屋が広く見える気がします。
ウッド部分はナチュラルとオイルステイン加工が選べますが、迷わず後者を選択しました。重みが出て男っぽくなります。

そしてなんといっても一万円台で買えてしまうこの高級感。いいんですかこの値段でと疑問に思ってしまうほど。
ここに本や雑誌を積み上げた様子を見ながら、珈琲片手に何から読もうかなと考えるのがとても落ち着く時間。
きっとこういうテイストが合う部屋にずっと住んでいるんだろうな。

あるだけで部屋がスタイリッシュな雰囲気になるトレテーブル、これは本当に見つけられてよかった。ベッドの横に置いたり、ソファの側に移動させたりと毎日大活躍しています。

【送料無料】DUENDE(デュエンデ)TRE(トレ)サイドテーブルオイルステインフィニッシュ ブラック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です